THE STORY

“Concept of Seis”

セイスは小さな六角形のカフェです。
その核となる防音ホールを中心に据え、
映画上映、音楽の生演奏・各種ライブに
対応した音響機器を備えています。
カフェとショップ、映画や音楽を通じて
日本と世界の良質なものを
探求・提案します。

“Cine Grulla”

シネ・グルージャは、セイス内に
時折オープンするシネマカフェです。
選りすぐりの映画が流れるホールで、
お茶やお酒を楽しんでいただけます。

“Música Grulla”

セイス内のホールに時折オープンする
音楽を大音量で楽しめる空間です。

Cinema

charge
¥1,500 (inc. 1 soft drink)
¥1,800 (inc. 1 alc. drink)
¥500 (18 and under / no drink)
現在、上映前の検温・消毒、
上映中のマスク着用をお願いしております。
37.5℃以上のお客様はご入店できません。
ご協力よろしくお願いいたします。
Dafne

わたしはダフネ

2019 Italy 94min
9/5-9/19
End of Screening

2021/9/5-9/19

原題:DAFNE
監督・脚本:フェデリコ・ボンディ
原案:フェデリコ・ボンディ、シモーナ・バルダンジ
出演:カロリーナ・ラスパンティ、アントニオ・ピオヴァネッリ、ステファニア・カッシーニ、アンジェラ・マグニ、ガブリエレ・スピネッリ、フランチェスカ・ラビ
エグゼクティブ・プロデューサー:アレッシオ・ラザレスキー
プロデューサー:マルタ・ドンゼリ、グレゴリオ・パオネッサ
撮影:ピエロ・バッソ
編集:ステファノ・クラヴェロ
音楽:サヴェリオ・ランツァ
衣装:マッシモ・カンティーニ・パリーニ
字幕翻訳:関口英子
後援:公益財団法人日本ダウン症協会
配給:ザジフィルムズ

2019年/イタリア/イタリア語/94分/カラー/シネマスコープ

© 2019, Vivo film - tutti i diritti riservati

<Story>ダフネは快活で社交的なダウン症の女性。スーパーで働きながら、母マリア、父ルイジと平穏に暮らしていた。しかしマリアに突然の死が訪れ生活が一変。年老いたルイジは自分が死んだら娘が独り残されてしまう、と不安に苛まれてふさぎ込んでしまう。ある日、ダフネは、母の生まれた村を訪れてみようと父に提案。その旅は、愛する人の死を乗り越え、お互いを理解し合うための、かけがえのないものになっていく…。

Et Les Mistrals Gagnants

子どもが教えてくれたこと

2016 France 80min
9/5-9/18
End of Screening

2021/9/3-9/18

原題:Et Les Mistrals Gagnants
監督・脚本:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン
出演:アンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テゥデュアル
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
日本語字幕:横井和子
字幕監修:内藤俊夫
宣伝:VALERIA
配給:ドマ

文部科学省特別選定(青年、成人、家庭向き)
文部科学省選定(少年向き)
厚生労働省社会保障審議会特別推薦児童福祉文化財

2016年/フランス/フランス語/カラー/80分/ヴィスタサイズ/DCP

© Incognita Films ‒ TF1 Droits Audiovisuels

<Story>主人公はアンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアルの5人の子どもたち。彼らに共通するのは、みな病気を患っているということ。治療を続けながらも、彼らは毎日を精一杯生きている。家族とのかけがえのない時間、学校で仲間たちと過ごすひと時。辛くて痛くて、泣きたくなることもある。けれど、彼らは次の瞬間、また新たな関心事や楽しみを見つけ出す。そんな子どもたちを、カメラは優しく、静かに見つめ続ける。

Lunana: A Yak in the Classroom

ブータン 山の教室

2019 Bhutan 110min
9/19-10/3
Now Showing

2021/9/19-10/3

英題:Lunana: A Yak in the Classroom
監督・脚本: パオ・チョニン・ドルジ
出演: シェラップ・ドルジ、ウゲン・ノルブ・へンドゥップ、ケルドン・ハモ・グルン、ペム・ザム
日本語字幕: 横井和子
字幕監修: 西田文信
後援: 在東京ブータン王国名誉総領事館
協力: 日本ブータン友好協会
配給: ドマ
宣伝: VALERIA

文部科学省特別選定(家庭向き)
文部科学省選定(少年向き、青年向き、成人向き)
厚生労働省社会保障審議会推薦

2019年/ブータン/ゾンカ語、英語/110分/シネスコ

©2019 ALL RIGHTS RESERVED

<Story>現代のブータン。教師のウゲン(シェラップ・ドルジ)は、歌手になりオーストラリアに行くことを密かに夢見ている。だがある日、上司から呼び出され、標高4,800メートルの地に位置するルナナの学校に赴任するよう告げられる。一週間以上かけ、険しい山道を登り村に到着したウゲンは、電気も通っていない村で、現代的な暮らしから完全に切り離されたことを痛感する。学校には、黒板もなければノートもない。そんな状況でも、村の人々は新しい先生となる彼を温かく迎えてくれた。ある子どもは、「先生は未来に触れることができるから、将来は先生になることが夢」と口にする。すぐにでもルナナを離れ、街の空気に触れたいと考えていたウゲンだったが、キラキラと輝く子どもたちの瞳、そして荘厳な自然とともにたくましく生きる姿を見て、少しずつ自分のなかの“変化”を感じるようになる。

ⵜⵉⴳⵎⵎⵉ ⵏ ⵉⴳⵔⴰⵏ

ハウス・イン・ザ・フィールズ

2017 Morocco・Qatar 86min
9/19-10/2
Now Showig

2021/9/19-10/2

原題:ⵜⵉⴳⵎⵎⵉ ⵏ ⵉⴳⵔⴰⵏ / Tigmi Nigren
英題:House in the Fields
監督・撮影:タラ・ハディド
出演:ハディージャ・エルグナド、ファーティマ・エルグナドほか
字幕翻訳:松岡葉子
配給・宣伝:アップリンク

モロッコ、カタール/2017年/86分/1:1.85/アマジグ語

<Story>弁護士を夢見る少女ハディージャとその姉のファーティマは、モロッコの山奥で暮らすアマズィーグ人の姉妹。ある日、ファーティマが学校を辞めて結婚することになる。「結婚するのが怖い。だけど義務だから」と胸のうちを語るファーティマ。ハディージャは、大好きな姉と離ればなれになってしまう寂しさ、そして自分も姉のように学校を卒業できないかもしれないという不安を募らせていく。2人の揺れ動く想いをよそに、その日はやって来て…。

Time line

水・木・金・土・日・祝
当カフェは昼・夕・夜に映画が流れます。

9/24 金 13:00
ブータン 山の教室
Lunana: a Yak in the Classroom
9/24 金 18:00
ハウス・イン・ザ・フィールズ
ⵜⵉⴳⵎⵎⵉ ⵏ ⵉⴳⵔⴰⵏ
9/25 土 13:00
ブータン 山の教室
Lunana: a Yak in the Classroom
9/25 土 15:30
ハウス・イン・ザ・フィールズ
ⵜⵉⴳⵎⵎⵉ ⵏ ⵉⴳⵔⴰⵏ
9/25 土 18:00
ブータン 山の教室
Lunana: a Yak in the Classroom

Lounge de la Noche

映画について、思い巡らす。誰かと話す。
ラウンジ・タイムを設けてみます。

未定
to be announced

Music

charge
¥1,500 (inc. 1 soft drink)
¥1,800 (inc. 1 alc. drink)

9/23 木 15:30
Música Grulla
make a sound w/ musical gadjets
act: everyone
9/30 木 15:30
Música Grulla
"踊るに踊れない"
act dj: pontarou | mielikki
CINEMA
CAFE/BAR
MUSIC