Skip to main content
3.3 西舞鶴アニメーションデー2024 入場無料!
Go Maizuru
THE STORY

“Concept of Seis”

セイスは小さな六角形のカフェです。
その核となる防音ホールを中心に据え、
映画上映、音楽の生演奏・各種ライブに
対応した音響機器を備えています。
カフェとショップ、映画や音楽を通じて
日本と世界の良質なものを
探求・提案します。

“Cine Grulla”

シネ・グルージャは、セイス内のホールに
時折オープンするシネマカフェです。
選りすぐりの映画が流れるホールで、
お茶やお酒を楽しんでいただけます。

“Música Grulla”

セイス内のホールに時折オープンする
音楽を大音量で楽しめる空間です。

Cinema

charge
¥1,500 (inc. 1 soft drink)
¥1,800 (inc. 1 alc. drink)
¥500 (18 and under / no drink)

Aki Kaurismäki Special

Special Feature

"Do you know Aki?"

1.31 wed - 3.31 sun

Aki Kaurismäki アキ・カウリスマキ
脚本、監督、編集、プロデューサー

1957年4月4日フィンランド、オリマティラ生まれ。大学でコミュニケーション論を学ぶ。映画評論家としてキャリアをスタートさせるが、評論だけにはとどまらずシナリオ作家、俳優、助監督など数々の仕事に携わる。1981 年には兄のミカとともに制作会社 ヴィレアルファ 、1986 年にミッドナイトサン映画祭、1987 年に配給会社 センソ・フィルム を立ち上げる。またヘルシンキ中心部で<コロナ・バー><カフェ・モスクワ>というバーが併設された映画館<アンドラ>も運営していたが2019 年に閉館。2021 年、ヘルシンキ北西の小さな町カルッキラに映画館<キノ・ライカ>を友人とともにオープンさせた。 1983 年に初長編監督作品『罪と罰』を発表。86 年には『パラダイスの夕暮れ』がカンヌ映画祭監督週間をはじめ各国の映画祭に招待され、世界の映画人の注目を集める。日本では90 年に『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』で注目されて以降、全ての監督作が公開され、とりわけ『浮き雲』、『過去のない男』、『ル・アーヴルの靴みがき』などは大ヒットを記録した。新作公開の度に熱狂的なファンを増やし続けている。
(『枯れ葉』・プレス資料より抜粋)

 

当店のコンセプトは、先述の映画館<キノ・アンドラ>に大きな影響を受けております。Cine Grullaでは新作『枯れ葉』上映を記念して、3月末までアキ・カウリスマキ監督の過去作品を一気に上映いたします。熱烈ファンの方も、未体験の方も。ジワるあの世界をスクリーンで一緒に味わいましょう!!
(Cine Grullla 中嶋)

 

<Program>

1.31 wed –
『枯れ葉』
2023年/フィンランド・ドイツ/81分

2.7 wed – 2.18 sun
“Proletariat Trilogy” 労働者三部作
『パラダイスの夕暮れ』
1986年/フィンランド/カラー/74分
『真夜中の虹』
1988年/フィンランド/カラー/73分
『マッチ工場の少女』
1989年/フィンランド・スウェーデン/カラー/69分

2.21 wed – 3.2 sat
“Eary 90’s” 
『コントラクト・キラー』
1990年/フィンランド・イギリス・ドイツ・スウェーデン/カラー/80分
『ラヴィ・ド・ボエーム』
1991年/フランス・イタリア・スウェーデン・フィンランド/モノクロ/103分
『愛しのタチアナ』
1993年/フィンランド/モノクロ/62分

3.6 wed – 3.17 sun
“Eary works”
『罪と罰』
1983年/フィンランド/カラー/93分
『カラマリ・ユニオン』
1985年/フィンランド/モノクロ/80分
『ハムレット・ゴーズ・ビジネス』
1987年/フィンランド/モノクロ/89分

3.20 wed – 3.31 sun
“Loser Trilogy” 敗者三部作
『浮き雲』
1996年/フィンランド/カラー/95分
『過去のない男』
2002年/フィンランド/カラー/97分
『街のあかり』
2005年/フィンランド/カラー/79分

“上映時期未定”
『レニングラード・カウボーイズ・ゴー・アメリカ』
1989年/フィンランド・スウェーデン/カラー/79分
『トータル・バラライカ・ショー』
1993年/フィンランド/カラー/55分
『レニングラード・カウボーイズ モーゼに会う』
1993年/フランス・イタリア・スウェーデン・フィンランド/カラー/94分
『白い花びら』
1999年/フィンランド/モノクロ/音楽付きサイレント/78分

Brandnew Movie

枯れ葉

Kuolleet Lehdet

2022 FIN・DEU 81min
1.31 - 3.31
Now Showing

2024/1/31-3/31

原題:Kuolleet Lehdet
英題:Fallen Leaves
監督・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:アルマ・ポウスティ、ユッシ・ヴァタネン、ヤンネ・フーティアイネン、ヌップ・コイヴ
配給:ユーロスペース
提供:ユーロスペース、キングレコード

2023年/フィンランド・ドイツ/81分/1.85:1/ドルビー・デジタル5.1ch/DCP/フィンランド語/
第76回カンヌ国際映画祭審査員賞
2023年国際批評家連盟賞年間グランプリ

https://kareha-movie.com/

<Story>孤独さを抱えながら生きる女と男。ヘルシンキの街で、アンサは理不尽な理由から仕事を失い、ホラッパは酒に溺れながらもどうにか工事現場で働いている。ある夜、ふたりはカラオケバーで出会い、互いの名前も知らないまま惹かれ合う。だが、不運な偶然と現実の過酷さが、彼らをささやかな幸福から遠ざける。果たしてふたりは、無事に再会を果たし想いを通じ合わせることができるのか?

© Sputnik  Photo: Malla Hukkanen

Proletariat Trilogy

パラダイスの夕暮れ

Varjoja Paratiisissa

1986 FIN 74min
2.7 - 2.18
End of Screening

2024/2/7-2/18

原題:Varjoja Paratiisissa
英題:Shadows in Paradise
監督・脚本:アキ・カウリスマキ
製作:ミカ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:マッティ・ペロンパー、カティ・オウティネン、サカリ・クオスマネン、エスコ・ニッカリ
配給:ユーロスペース
1986年/フィンランド/カラー/74分

<Story>ゴミ収集人のニカンデルとスーパーのレジ係イロナの悲哀に満ちた恋物語。現実の厳しさに洗われながらぎくしゃくと進展する恋の行方を、ヘルシンキの景色や挿入歌が雄弁に物語る初期の傑作。カウリスマキは「『枯れ葉』は『パラダイスの夕暮れ 2.0』」と発言している。

真夜中の虹

Ariel

1988 FIN 72min
2.7 - 2.18
End of Screening

2024/2/7-2/18

原題:Ariel
監督・製作・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:トゥロ・パヤラ、マッティ・ペロンパー、スサンナ・ハーヴィスト、エートゥ・ヒルカモ
配給:ユーロスペース
1988年/フィンランド/カラー/73分

<Story>鉱山の閉鎖と父の自殺に直面した炭鉱夫カスリネンは、父の遺したオープンカーで南へ向かうが、暴漢に金を奪われ一文無しに…。フェードアウトで繋げられる不幸な出来事の連鎖に、ふと挟まれるユーモア。不幸に見舞われ続ける男の姿は『過去のない男』の原点とも言える。

マッチ工場の少女

Tulitikkutehtaan Tyttö

1989 FIN・SWE 69min
2.7 - 2.18
End of Screening

2024/2/7-2/18

原題:Tulitikkutehtaan Tyttö
英題:The Match Factory Girl
監督:アキ・カウリスマキ/撮影:ティモ・サルミネン
出演:カティ・オウティネン、エリナ・サロ、エスコ・ニッカリ、ヴェサ・ヴィエリッコ、シル・セッパラ、レイヨ・タイパレ
配給:ユーロスペース
1989年/フィンランド・スウェーデン/カラー/69分

マッチ工場に勤め、母とその愛人を養う憂鬱な日々を送る、地味でモテない少女イリスの物語。台詞をほとんど用いず、画面の連鎖でイリスの不幸な境遇を浮かび上がらせる演出は、『街のあかり』に受け継がれている。洗練と毒の極まった初期の代表作。

Eary ’90s

コントラクト・キラー

I Hired a Contract Killer

1990 FIN/UK/DEU/SWE 79min
2.21 - 3.2
Now Showing

2024/2/7-2/18

原題:I Hired a Contract Killer
製作・監督・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:ジャン=ピエール・レオー、マージ・クラーク、ケネス・コリー、セルジュ・レジアニ、ジョー・ストラマー
配給:ユーロスペース
1990年/フィンランド・イギリス・ドイツ・スウェーデン/カラー/80分

<Story>フランスを離れロンドンの水道局で働くアンリは、失業の絶望から“コントラクト・キラー”に自身の殺しを依頼。だがその途端、花売り娘と恋に落ち…。ジャン=ピエール・レオーを主演に、『枯れ葉』同様、過去の偉大な映画へのオマージュを詰めこんだ悲喜劇。

ラヴィ・ド・ボエーム

La Vie de Bohéme

1991 FRA/ITA/SWE/FIN 103min
2.21 - 3.2
Now Showing

2024/2/21-3/2

原題:La Vie de Bohéme
英題:The Bohemian Life
製作・監督・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:マッティ・ペロンパー、イヴリヌ・ディディ、アンドレ・ウィルムス、カリ・ヴァーナネン
配給:ユーロスペース
1991年/フランス・イタリア・スウェーデン・フィンランド/モノクロ/103分

<Story>売れない作家のマルセル、アルバニア人の画家ロドルフォ、音楽家のショナール。パリの片隅に暮らす若く貧しい芸術家3人のほろ苦い青春。フィンランド在住の日本人である篠原敏武が歌う、エンディングの「雪の降る街を」が涙を誘う『ル・アーヴルの靴みがき』の前日譚。

愛しのタチアナ

Pidä Huivista Kiinni, Tatjana

1993 FIN 63min
2.21 - 3.2
Now Showing

2024/2/21-3/2

原題:Pidä Huivista Kiinni, Tatjana
英題:Take Care of Your Scarf, Tatiana
製作:アキ・カウリスマキ
脚本:アキ・カウリスマキ、サッケ・ヤルヴェンパー
撮影:ティモ・サルミネン
出演:カティ・オウティネン、マッティ・ペロンパー、キルシ・テュッキュライネン、マト・ヴァルトネン
配給:ユーロスペース
1993年/フィンランド/モノクロ/62分

<Story>ふとしたことから旅にでた仕立屋ヴァルトと修理工レイノは、旅の途中で二人の女性クラウディアとタチアナに出会う。ゆったりとした車での道行は、無口な男たちと、呆れながらも彼らを見守る女たちの距離を近づけていく…。

Eary Works

罪と罰

Rikos ja Rangaistus

1983 FIN 93min
3.6 - 3.17
Coming Soon

2024/3/6-3/17

原題:Rikos ja Rangaistus
英題:Crime and Punishment
監督:アキ・カウリスマキ
製作:ミカ・カウリスマキ
脚本:アキ・カウリスマキ、パウリ・ペンッティ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:マルック・トイッカ、アイノ・セイッポ、エスコ・ニッカリ、マッティ・ペロンパー
配給:ユーロスペース
1983年/フィンランド/カラー/93分

<Story>食肉解体工場に勤める男が、恋人をひき逃げした男を射殺した。現場を目撃した女は男をかばい、二人の間には奇妙な共犯関係が生まれていく。ドストエフスキーの「罪と罰」を原作に、孤独な殺人者の葛藤を描写の力で描き出した野心漲る長篇デビュー作。

カラマリ・ユニオン

Calamari Union

1985 FIN 80min
3.6 - 3.17
Coming Soon

2024/3/6-3/17

原題:Calamari Union
監督・製作・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:マッティ・ペロンパー、プンッティ・ヴァルトネン、サッケ・ヤルヴェンパー、ピルッカ=ペッカ・ペテリウス、マト・ヴァルトネン、サカリ・クオスマネン
配給:ユーロスペース
1985年/フィンランド/モノクロ/80分

<Story>「カラマリ・ユニオン」の15人のフランクたちが貧しく息苦しい町を出て、希望の地エイラへと向かおうと決起する。だがその旅路は謎だらけのまま、フランクたちは次々と倒れてゆく…。即興的な演出で、遊び心とユーモア、そして毒気が存分に発揮された第二作。

ハムレット・ゴーズ・ビジネス

Hamlet liikemaailmassa

1987 FIN 89min
3.6 - 3.17
Coming Soon

2024/3/6-3/17

原題:Hamlet liikemaailmassa
英題:Hamlet Goes Business
製作・監督・脚本:アキ・カウリスマキ
撮影:ティモ・サルミネン
出演:ピルッカ=ペッカ・ペテリウス、カティ・オウティネン、エリナ・サロ
配給:ユーロスペース
1987年/フィンランド/モノクロ/89分

<Story>シェークスピアの「ハムレット」を大胆に翻案し、陰謀、毒殺、父の亡霊、オフェリアの水死といった骨子を残しながら、ハムレットを造船所の御曹司に仕立てた意欲作。ラストには原作にはない驚くべき結末が用意され、人間の計り知れない暗部が口を開ける。

2.24 歌川監督がSeisにやってくる!

浦安魚市場のこと

2022 JPN 98min
2.21 - 3.10
Now Showing

2024/2/21-3/10

2024/2/24 歌川監督Seisにいらっしゃいます!
通常でしたら舞台挨拶でというところですが、そこらへんはそこそこにしてw、14時の上映のあと、舞鶴の水嶋鮮魚店の水嶋直樹氏、カスミ横山商店(干物DJ)横山勇一氏らお迎えして、飲んで食べて映画のお話聞いて音楽流して。な、飲み会開催します!!
炭火で焼く干物、お酒、おにぎり、お味噌汁をご用意(有料)しますので皆さまこぞってご参加下さい!

原題:浦安魚市場のこと
監督・撮影・録音・編集・製作:歌川達人
編集:秦岳志
整音:山本タカアキ
カラリスト:田巻源太(Interceptor)
音楽:POSA(すぎやまたくや&紫藤佑弥)
助監督:今井真
英語字幕:Don Brown&櫻井智子
海外セールス:植山英美(ARTicle Films)
プロデューサー:長倉徳生 植山英美 歌川達人
制作:有限会社カサマフィルム ARTicle Films
製作:有限会社カサマフィルム
配給:Song River Production
2022年 / 日本 / 98分 / 16:9 / 5.1ch / DCP /カラー

https://urayasu-ichiba.com/

<Story>魚屋の活きのよい掛け声。貝を剥き続ける年老いた女性。年末のお客たちとお店の賑わい。─古くから漁師町だった浦安には魚市場があった。工場汚染水の影響で漁業権を放棄し埋立地となった浦安にとって、魚市場が漁村だった町のシンボルでもある。そんな魚市場には、昼は町の魚屋、夜はロックバンドとして活動する森田釣竿がいた。時代の流れと共に変わっていく魚の流通と消費の形。脈々とつながってきた暮らしを謳歌する浦安の人々。しかし、その瞬間は、緩やかに、そして突然訪れる…。

 

京都芸術大学大学院

西舞鶴アニメーションデー2024

3.3 sun 入場無料
Coming Soon

2024/3/3 (日)
13:30開場 14:00開演 16:30終了予定
入場無料

京都芸術大学大学院修了生の優秀作品上映(2017年~2024年制作・全20作品・合計約96分)
監督のトークイベントを予定しています。

<Program>
(1) 井川 萌『Wolves』5分11秒
(2) 鄧 ⼩草『惧』4分2秒
(3) ⽩ 宇航『UMBURELLA』3分11秒
(4) ミシェル・アンマリー・キーン『Tamʼrind』4分6秒
(5) 景 燁『本当の私が⾒える?』10分15秒
(6) 丁 凱馨『⽉への道』2分13秒
(7) 呂 昕揚『微⾵に漂う』2分11秒
(8) マリヤム・マハズーン『マイ・ランド』4分39秒
(9) 李 紫晴『ベッドの下に何がある?』2分33秒
(10) 森⽥ 三鈴『Biased Vew ⾒えない偏⾒』5分34秒
(11) 蒋 意凡『まいど!』4分59秒
(12) 江 馨怡『やまなし』3分33秒
(13) ノーバル・エガネバクチアリ『陰陽』4分1秒
(14) 郭 暁菲『SAKURA AND HIRO』4分30秒
(15) ⽯ 佳⽴『溯夏』3分35秒
(16) 藩 聲帝『否の泰』5分36秒
(17) 王 ⼀諾『「id」』10分29秒
(18) ラケル・カトウ・メヒア『とうもろこしに隠されたもの』9分56秒
(19) 葉 錫欽『Tears of Genius』2分48秒
(20) 蒲 科⽻『ただいま』2分54秒

UPCOMING
HISTORY

Time line

水・木・金・土・日
当カフェは昼・夕・夜に映画が流れます。

2/26 月
定休日
closed
2/27 火
定休日
closed
2/28 水 14:00
コントラクト・キラー
I Hired A Contract Killer
2/28 水 15:30
ラヴィ・ド・ボエーム
La Vie De Bohéme
2/28 水 17:15
愛しのタチアナ
Pidä Huivista Kiinni, Tatjana
2/28 水 20:00
浦安魚市場のこと
2/29 木 14:00
ラヴィ・ド・ボエーム
La Vie De Bohéme
2/29 木 15:45
愛しのタチアナ
Pidä Huivista Kiinni, Tatjana
2/29 木 17:00
コントラクト・キラー
I Hired A Contract Killer
2/29 木 20:00
枯れ葉
Kuolleet Lehdet
3/1 金 14:00
愛しのタチアナ
Pidä Huivista Kiinni, Tatjana
3/1 金 15:15
コントラクト・キラー
I Hired A Contract Killer
3/1 金 16:45
ラヴィ・ド・ボエーム
La Vie De Bohéme
3/1 金 20:00
浦安魚市場のこと
3/2 土 14:00
浦安魚市場のこと
3/2 土 15:45
コントラクト・キラー
I Hired A Contract Killer
3/2 土 17:15
ラヴィ・ド・ボエーム
La Vie De Bohéme
3/2 土 19:00
愛しのタチアナ
Pidä Huivista Kiinni, Tatjana
3/2 土 20:15
枯れ葉
Kuolleet Lehdet
3/3 日 14:00
西舞鶴アニメーションデー2024
with 京都芸術大学大学院
入場無料
CALENDAR
GET FLYER

Live

"まなみ100%" Live at Seis

Mina Otsuki

3.13 wed 19:30

大槻 美奈   音楽家

1995年12月29日生まれ。京都府舞鶴市出身。2015年ライブ活動開始。作詞/作曲/編曲、2021年からはジャケットのアートワークまで自身で手がける。柔軟でダイナミックなピアノ、深みのある伸びやかな歌声を持ち、言葉に想いを乗せた叙情的な歌世界は聴くものを魅了する。
2016年から2年毎にアルバムを制作。最新アルバム「LAND」を2022年12月にリリース。
現在は、東京を拠点にシンガーソングライターとして活動し、映画やドラマの劇伴、ラジオジングル、校歌提供、楽曲提供など幅広く活動中。

Mina Otsuki “まなみ100%” Live at Seis

2024年3月13日(水)
開場 19:00 開演 19:30
お一人様 ¥2,500 / 18歳以下 ¥500
(要ドリンクオーダー)
未就学児無料(お席は保護者の方の膝の上でお願いします)

ご予約は電話、メール、DM
または下記リンクから受け付けております。

https://cinegrulla.com/minaotsuki-rsv/

3. 24 sun 2pm

Archive

Silent Film with Live Piano ft. Ryo Torikai #3

6-dim+ Rokkaku Roku Jigen

Silent Film with Live Piano ft. Ryo Torikai #2

Saoirse Casey with Yuri

Silent Film with Live Piano ft. Ryo Torikai #1

Piano Day with Yoko Komatsu

“SYNE” PEAKYSTUDIO × 張子宜 × HIROCO.M

Harada Sahanji × Seis

Sato Ryusuke × Seis

CINEMA
CAFE/BAR
MUSIC

〒624-0928 京都府舞鶴市竹屋24-2 Seis